オンキヨー AVレシーバー「TX-RZ810」登場

更新日時:2016/03/26

http://www.e-hometheater.jp/tiny/imagefile.php?img=20160326120458.jpg

どんなスピーカーも強力にドライブ。
話題のオブジェクトオーディオにフル対応

TX-RZ810(B)
7.2ch対応AVレシーバー
¥128,000(税別)  4月下旬発売


オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社は、最新のオブジェクトオーディオ“DTS:XTM”と話題の“Dolby Atmos®”とともに、ハイレゾ音源や 4K 映像、話題のネットワーク機能“Google CastTM”に対応する ONKYO ブランドの AV レシーバー「TX-RZ810(B)」を発売します。

 
本機は、“DTS:X”や“Dolby Atmos”といったオブジェクトオーディオに対応しており、必要なスピーカーシステムと接続することで、最新のサラウンド音響を実現できます。
WAV/FLAC/DSDなどのハイレゾ音源や4K映像パススルー出力(“HDCP 2.2”準拠)にも対応しており、最新規格の楽曲や映像作品を高音質・高画質で楽しむことができます。
また、「Dynamic Audio Amplification(ダイナミックオーディオアンプリフィケーション)」コンセプトに基づく設計となっており、本機独自の大型電源トランスや大容量コンデンサーの開発により、瞬時電流供給能力を高め、大口径ユニットのスピーカーも力強く駆動するとともに、高域:100kHzから低域:5Hzまでの広帯域の再生周波数特性を持ち、ハイレゾ音源に対応します。
独自開発のフィルター回路「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」の搭載(7ch)により、デジタル音声信号のD/A変換時のノイズを除去し、マルチチャンネル再生の空間表現力が向上します。
さらに、HDMI端子は、“ULTRA HD Blu-rayTM”規格に採用された輝度の拡張技術“HDR”と広い色域をカバーする仕様“BT.2020”に対応しており、次世代の高画質ソースを楽しむことができる高い拡張性も備えています。
デュアルバンド対応のWi-Fi機能とBluetooth®無線技術も搭載しており、さまざまな音源のワイヤレス再生を快適に実現します。