SONY 4K対応プロジェクター アップデート情報

更新日時:2016/05/24

http://www.e-hometheater.jp/tiny/imagefile.php?img=20150904154622.jpg

ソニーは、4K SXRDホームシアタープロジェクタ「VPL-VW315」と「VPL-VW515」の本体ソフトウェアを5月24日にアップデート。
VW315も新たにHDR対応となるほか、VW515はHDR画質が向上する。

'15年10月に発売された上位機のVPL-VW515(90万円)と、リビングシアター向けモデルVPL-VW315(75万円)の大きな違いは、VW515のみHDRに対応するという点だが、アップデート後はVW315もHDR対応となる。
既にHDR対応のVW515は、今回のアップデートでHDRの画質が向上する。

インターネット接続されたパソコンにアップデートファイルをダウンロードし、USBメモリにファイルを転送の上プロジェクターに接続することで、アップデート可能。


◆SONY アップデート情報ページへ 

VPL-VW315 トムテックショッピングサイトへ
VPL-VW515 トムテックショッピングサイトへ