パイオニア ドルビーアトモス・DTS:X対応AVアンプ 3機種を10月中旬に発売

更新日時:2015/09/10

http://www.e-hometheater.jp/tiny/imagefile.php?img=20150910183857.jpg
型名 発売日 メーカー希望小売価格
「SC-LX89」 10月中旬  395,000円 + 税
「SC-LX79」 295,000円 + 税
 「SC-LX59」 210,000円 + 税 

「Dolby Atmos®」、「DTS:X™」が可能にした、かつてないリアルな空間表現。
その本当の姿を再現するためには、これまで以上に多くのスピーカーを全て正確に、しかもハイパワーでコントロールすることが要求されます。

マルチチャンネル再生であってもステレオ再生と同様に、隣り合う2つのスピーカー間、そのすべてにおいて等しくステレオフォニックを実現することで、クリエーターの意図した音の世界を忠実に再現するパイオニアの音響哲学「Multi-Channel Stereophonic Philosophy」。
ホームシアターの中核となるAVアンプにおいて、この理想を実現することがオーディオメーカーとしての私たちに与えられた大きな使命。
パイオニアは、このMulti-Channel Stereophonic Philosophyに基づき、高度な技術と独自の手法を開発。そのプロセスを3STEPテクノロジーとして確立し、マスターサウンドの魅力、そのすべてを体感するマルチチャンネル再生を実現。
 
「Dolby Atmos®」「DTS:X」のオブジェクトオーディオの登場により、多チャンネル化と再生技術の高度化が進む中、AVアンプはいかにしてその要求に応えるか。今、その真価が問われています。10年を超える「MCACC」と10周年を迎えた「フェイズコントロール」、そして「ダイレクトエナジーHDアンプ」の技術。
パイオニアは、AVアンプのテクノロジーリーダーとして、その明確な答えを提案します。

 
SC-LX89 商品紹介ページへ

SC-LX79 商品紹介ページへ

SC-LX59 商品紹介ページへ