ONKYO Atmos/DTS:X対応の7ch AVアンプ「TX-RZ800」

更新日時:2015/07/30

最新のオブジェクトオーディオにフル対応。
その魅力を余すところなく引き出すため、アンプの地力を高めた
オンキヨー AVレシーバーの中級機「TX-RZ800」が登場。 
http://www.e-hometheater.jp/tiny/imagefile.php?img=20150730170506.jpg
TX-RZ800(B)
7.2ch対応AVレシーバー ¥159,000(税別) 8月下旬発売 

オンキヨーではこの度、Dolby Atmosに加えて、最新のDTS:Xにも対応したミドルクラスAVレシーバーTX-RZ800を発売いたします。
 
TX-RZ800は機能面では、TX-NR646同様にDolby AtmosとDTS:XとともにWAV、FLAC、DSDなどのハイレゾ音源や4K映像パススルー出力(HDCP2.2準拠)に対応し、現在の最新規格のオーディオ&ビジュアルを余すことなくお楽しみ頂けます。
 
TX-RZ800では、それらの最新のサラウンドやハイレゾ音源をよりハイクオリティでお楽しみいただくために、オンキヨー60年のアンプ作りのノウハウを積み上げ、徹底的なノイズ対策と強力なスピーカードライブを実現しました。
ノイズ低減のために、オンキヨー独自のデジタルノイズを除去するフィルター回路「VLSC」を搭載(フロント2ch)。またパワーアンプ部の基板を1chごとに垂直に配置して左右シンメトリーにレイアウトすることで、チャンネル間の条件差を無くし、信号経路を最短化してノイズの混入を極力排除しています。
 
強力なスピーカードライブ実現のためには、エンジニアが試聴を繰り返し採用したカスタムメイドの大型電源トランスや大容量コンデンサー(15,000μF)により、瞬時電流供給能力を高め、ローインピーダンスの4Ωスピーカーも力強くドライブするとともに、再生周波数特性も5Hz〜100kHzを確保しています。
 
またHDMI端子は、次世代Blu-ray規格で採用される輝度の拡張技術「HDR」と広い色域をカバーするBT.2020にパススルーで対応しているため将来の対応Blu-ray発売時にもお使い頂ける安心設計です。

ONKYO プレスリリース